大島彰さんと言う方をあなたは知っているであろうか?

かれと私の最初の出会いは小学生の頃であった。

彰ごろになると文化祭シーズンになるがその頃になると、小学校に劇団や音楽家が招かれる事がよくあったのである。

そのなかの一人が大島彰さんである彼は小学生のころから、

友達と、かくれんぼや鬼ごっこができなくて悔しかった子供の頃、家にあったおじいさんのオルガンで遊びながら、音楽の先生になろうと決めたようである。

決めたとは簡単に言っているがそう簡単に出来る事ではないのである。

私も音楽経験があり多少なりとも、楽器を弾くことはできるが、

目が見えない状態からスタートするなんて気が遠くなるほどの努力が必要になってくるのである。

あのベートーベンも最初は耳が聞こえていた。その後耳が聞こえなくなりる不幸が起きたが。最初からなんて大変な事である。

まるでヘレンケラーの様そんな感じだろうか?

そうまさしく日本のヘレンケラーと言っても間違いはないだろう。

「ベートーベン」の画像検索結果
ベートーベン

それはもう普通の人には想像もつかないような障害といじめにあったと想像がつくのである。

彼の演奏を聞いた時鳥肌がったのを非常に覚えているのである。

二度ほど彼のコンサートを見た事があるが、もしかしたら多少なりとも私にも

影響を及ぼしているかもしれない。

何故か?

それは彼が発したこんな言葉が衝撃的で素敵だからである。

やればできる絶対出来る、できないのは自分にやる気がないだけ。今からやります

絶対と言う言葉はあまり好きな言葉ではないが最後の部分

出来ないのは自分にやる気がないだけは非常に刺さった。

それからの私も彼の様に一時は音楽の道を目指したこともある。

自分で作曲したり作詞をしたりもしていた。

それ以外でもどんな仕事でも、自分が出来ない事でもどうやったら出来るのか考える事が多くなった。

残念ながら、音楽の道では大成はしなかったが、

自分の情熱を仕事に捧げる事が出来ている、まさしくやれば出来るである。

もしあなたがこの世に天才がいて才能がすべてと思っている方がいるのであれば

大島彰さんについて調べ、できれば演奏を聴いていただきたい。

「大島彰 」の画像検索結果

大島彰

全盲のエレクトーン奏者

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。