最近ではテスラモーターズの躍進もありテスラが再認識されるようになっている様である。私の様な昭和生まれの人間にとってはやはりテスラよりも

エジソンの方が少し魅力的なんて思ってしまうのはいけない事だろうか?

実際テスラに対してのエジソンの行いは少し大人げない部分が多々あったようでもあるが、マスコミの力が強くなって政治家も芸能人も昔ほどの自由さ、力強さを失ってしまった現代だからこそ彼から得るものがあるのではないだろうか?

         エジソンの功績とは?

一番の功績と言えばなんといっても発明という行為を大勢の人間に認知させたことです 。

主な発明


①音を記録し再生する蓄音機(フォノグラフ)の発明に成功
②京都の竹フィラメントを用いて、白熱電球の長寿命化
③画撮影機キネトグラフを発明

上記はエジソンの三大発明と呼ばれております。

「蓄音機 エジソン」の画像検索結果

エジソンは少年時代、耳を強く引っ張られて耳が不自由になっていて聞き取りづらい状況になっていたとの事です。

ある意味ベートーベンが耳が聞こえないのに素晴らしい音楽を作曲し続けたのと同じように情熱をもって発明にいそしんだかの様な所があるので正直感動をしてしまいます。

彼がいなかったら、その後のアメリカの起業家の姿は全く別の形になっていたのではないかと思うのです。

アメリカだけでなく日本にも多大な影響を与えております。

かの松下幸之助はエジソンを非常に尊敬しており 松下電器産業の中央研究所にはその銅像を建てたほどである 。

「松下幸之助」の画像検索結果
松下幸之助

現代は正直いきづらい。人からの視線を気にし人に好かれようとしてしまう。

エジソンは正直KYなくらいあまり空気を読まないで自分の興味が赴くままに発明と事業に没頭している。そこが素晴らしい所である。

多くの人々にその商品が売れたと言う事は彼の視点はしっかり顧客の視点で見られていたのではと思うのである。

そのバランスが非常に優れていたのだろうと考察出来る。

私たちは彼から得る教訓は非常に大きいものだと思う。

周りの状況に振り回されしぶしぶ人付き合いをして窮屈に生活するよりも彼の様に潔く自分の研究に没頭する方が幸せになれる人もいるのである。

もしあなたが人付き合いの方が何倍も大事だと言う方であるならばこの意見には賛同していただけ無いかもしれない。

しかし彼が残した探求心と不動の心は、21世紀にも残していきたいなと私は思うのである。

テスラが再認識された現代だからこそ、エジソンをもう一度かみしめてみるのはいかがだろうか?

「エジソン」の画像検索結果

エジソン

トーマスアルバエジソン(1847年2月11日-1931年10月18日)は、アメリカの偉大な発明家と言われているアメリカの発明家であり実業家でした。彼は、発電、マスコミュニケーション、録音、映画などの分野で多くのデバイスを開発しました。蓄音機、動画カメラ、長寿命の実用的な電球を含むこれらの発明は、現代の工業化された世界に広く影響を与えました。彼は、組織化された科学とチームワークの原則を発明のプロセスに適用し、多くの研究者や従業員と協力した最初の発明者の一人でした。彼は最初の産業研究所を設立しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。