幾人かの経営者の中では何度目かの破産や倒産を経て最終的に成功を手にするような億万長者が良くいる。

有名な所で言うと、ヘンリーフォード、ドナルドトランプなんかもそうである。

日本で自己破産なんかしようものなら、大変な事である。信用情報には傷がつくので大体の人が自信を無くしてしまい。

二度目の挑戦をしなくなるのである。

私もその様な人にであった事があるが、正直破産で終わるような人はやはり、なるべくしてなってしまったかななんて思うような所が見受けられるのである。

性格上の問題が一番大きいかもしれません。

結局のところ人を大切にしなかったからこそこの人は運に見放されてしまったのではないかと思ったのが正直な感想だ。

彼を半面教師にして私はしっかりと人を大切にして運や成功をつかみたいと思ったのである。

極端な例ではあるが彼にもこの先の人生でもっとより良い人生を送って欲しい物である。

            子供の頃は何にも怖くない

「自転車 転ぶ 子供 無料」の画像検索結果

話を本題に戻すが、ほとんどの人は破産したり、自己破産なんてしていないと思う。

それでも小さな過去の失敗におびえてしまい、未来に対して一歩を踏み出す事が出来ずにいる人が多いのが実情である。

子供の頃自転車の補助輪を初めて外した時の事を覚えているだろうか?

何回も何回も転んで、傷だらけになって初めて自転車に乗る事が出来た事を覚えているだろうか?

その事を思い出してほしいのである。そうすれば少しの失敗など将来的には通過点に過ぎないそう思えるはずなのである。

自転車に乗れるようになった子供はあっけらかんとみな笑って過ごしている、

過去の傷跡なんかなかったかのように日々を過ごし始めるのである。その気持ちを取り戻せばなんだって出来るのではないか。

子供に教わる純真さしかし大切なのはバランス              

大人になると、地位や名誉や持っているお金の額等、世間体を特に気にしてしまう物である。

それは一人の大人の人間として大切な事ではある。それが無かったら人は金銭管理もできないまま、単なるわがままで生きてしまい、大変な事態に発展してしまう。

最初に紹介したトランプやヘンリーフォードも少し大人の感覚が足りなかったからこそ失敗してしまったとも言えるのである。

要はバランスと言う事も言えるのでは無いだろうか。

時には子供のよう純真無垢になって目標のために頑張る事、時には客観的に自分をコントロールする事そのどちらも大切だと言う事である。

子供の純真さは時として大きな力を発揮する事が出来る、しかしそれは、親と言う保護者がいてからこそなせる業ではないだろうか?

どんなに能力がある子供も親と言う力が無ければその才能を発揮できない。

子役が子役の時は天才でも大人になるとその才能を発揮できないのもそういう点があるからではないだろうか?

小さい頃はマネージメントしてくれる、大人がいるだからこそ実力が発揮できると言う物である。

と言う事である。大人になって成功する事は自分がセルフマネージメントをしっかりするか、優秀なマネージャーを見つけるかのどちらかである。

芸能人でない限り、一人に一人マネージャーが付くなんて事はない。

「敏腕マネージャー」の画像検索結果

と言う事はある程度自分をマネージメントする能力を高めたうえで純真な頃の気持ちを大切にすることが大切なのである。

何度失敗してもそこまで致命傷に陥るなんて事は無いのがほとんどである、たいていの人間はそこまで失敗してはいないだからこそ

何度でも何度でも成功するまであきらめない生き方をしたいものです。

私もあなたもこれからの人生で生活していくのであれば何度でも一緒に挑戦していきたいものである。

「マネージメント 無料」の画像検索結果

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。