先日チュートリアルの徳井義実が税金の申告もれがあったと言うニュースがあった。芸能人は国税局のやり玉にあげられ易い存在ではあるが今回の件に関しては非常にびっくりしてしまったのである。

このニュースを見た人も会見を見た人もあいた口が塞がらなかったのではないだろうか?

1億円超の申告漏れ、併せて3年間申告に 行っていないとの事である。

自らの会社を設立しているのであれば年間の顧問契約をしているとは思うのだがそれすらもしていなかったのではないだろうかと思ってしまうのである。

もしかしたら年1回のみのアドバイスのような契約内容としか思えない。

彼が初めて芸能会で脚光を浴びたのはいまでは毎年恒例の行事になってきたМ1グランプリからであろう。

「徳井エムワン」の画像検索結果

私は決勝の瞬間をリアルタイムに視聴していた。嵐の前の静けさと言うくらい彼らの出番の前は静かだったのである。

そしてついにかれらの出番が始まってしまうと会場全体が彼らの空気に完璧に飲み込まれてしまった。その瞬間をみた時は正直に鳥肌がたった事を思い出す。

島田紳助も本気でべた褒めしていたことを思い出す。

それからの彼らの勢いはすさまじいものであった。吉本興業に入りたいと思う人間が爆発的に増えたのも彼らの優勝時位が一番ピークだったのではないだろうか。

チュートリアルの二人の良いところは幼稚園時代からの親友によって結成されたコンビなのでそこらへんのコンビにくらべると格が違うのかななんて印象を受けていた。

中川家は兄弟という人間関係の濃さがあるがそれに匹敵する二人の濃さを常々っ感じていたのだ。

もしかするとその濃さがあったからこそ二人の関係はなれ合いに近づいてしまったのかもしれない。

もっとビジネスライクになっていれば相方におかしな兆候が現れた瞬間にもっと説教していたはずなのである、そこがもったいない。

徳井義実の良さを一言で言うならばその人のギャップのようなものである。

外側はイケメンなのにテレビで見る彼は三枚目を演じているかの様な印象がきわめて強かった。そこが視聴者にとっては好感が持てたのである。

もっと古い世代に例えるならば高田純次に非常に近い人なのではないかと思う。

高田純次も女性にモテモテであろうが、テレビの前では本気で馬鹿になる人間であるのだそこが非常に面白い。

残念ながら、高田純次も今年は高速道路でひと悶着あり世間を騒がせてしまった。

正直芸能人としては一流なのだが人間としては少し残念なのかな?というところである。

彼らほど運が良いといえる人間はいないのではないかなと思うであるなぜか?

まずは二人とも逮捕はされていないからである。逮捕されなかったから運がいいというのは彼らの今後にとってどういう方向に転がるかわからないがそこに甘んじてはいけない。

そこにおごって禊をすませたあとに調子に乗ればまた地獄に落とされてしまうのが芸能界だからである。

芸能人としてお金を稼ぐ力がとてつもなくあることは確かであるのだから。

その力を今後も発揮していって欲しいのである。

これだけ万人に支持されたのである。自分たちの名前はブランドであると思って生活してほしい。それだけの能力があるのだし。自らをブランディングするちからもあったのだから。

私は彼らに正直に言いたい、(この大馬鹿野郎、あんたたちを芸能人としては大好きだからは裏切るようなことはしないで欲しい、頼むよ)ってとこだ。

また一人テレビから面白い人が活動自粛するが今回の件は他人事とは思わず真摯に受け止めていきたいと思った今日この頃である。

「高田純次」の画像検索結果

     高田純次

徳井 義実(とくい よしみ、1975年4月16日生まれは、日本のお笑いタレント、俳優、アーティストであり、お笑いコンビ・チュートリアルのボケネタ作りを担当し、相方は福田充徳。

京都府京都市左京市出身。吉本興業所属。大阪NSC13期生。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。