ジョンDロックフェラーと聞いてどんなイメージを持たれるであろうか?アメリカ人であれば明確に億万長者であったり、凄くお金を稼いだ悪い一族の長、慈善家等さまざまな印象を持つところである。

日本人にとってそれほどロックフェラーについてはあまりに有名でも印象の少ない人なのである。現代で言えばマイクロソフトのビルゲイツやAmazonのジェフべゾスに近い人物である。

彼がアメリカに残した功績は非常に多いのに名前だけ一人歩きしている様で非常に残念である。

彼の話の中にはなるほど億万長者になる人間は根本的にそこいらあたりに生活している人とは違うのだなと痛感させられるのである。

まず生活習慣が凄い。給料の一割を教会の寄付に捧げたり、教会に毎週通ったり等、実に信心深いのだ。

日本人の経営者の中にも時折、仏教のお坊さんの様な成功哲学を語る方もいる。しかし表立って自分がどんな宗教を信じているかなんて事は言ったりはしないのである。

日本では不思議な事に日頃の会話の中に宗教の話をするのはタブーになっている。自分の家の事でも、友達の家、同僚の家でもどの宗教を信じているかどうかなんて一緒に語ったりはしないのである。

         

「ロックフェラー」の画像検索結果

寄付する事の意味

ロックフェラーは給料の一割を教会に寄付していたが、このように人生の後半になると寄付する億万長者は非常に多い。ウォーレンバフェットやビルゲイツなどもその典型的な例でもある。

ロックフェラーの凄い所はビリオネアになる遥昔から寄付をし続けていた事である。

母親の教えを忠実に守ったロックフェラーはまっすぐ成長していったのである。では寄付する事は何が良いのか?その事について考察していきたい。

通常会社員は給料を貰って生活をする。そう自分がもらえるお金を最大限にするためにあらゆる努力するのが、給料を貰って生活する人間の考え方であろう。

しかしでビリオネアになる考え方は少し考え方が違う。

お金が入ってくるロードが何通りもあると考えるのである。具体的に言うならば

会社員は会社から給料を貰う。(1個所からのみの収入に期待する)

ビリオネア→世界中に顧客予備軍と考えている(多方面の収入を期待する)

寄付は日頃の感謝のために行うのである。私もロックフェラーに影響されて少ない金額ではあるが、ユニセフに寄付はしているのだ。

ではその事によって得られるものは何であろうか?

結論から言うとすぐに目に見えて結果が表れないと言う事であるしかし大切な事は自分より立場が弱い人間に対して寄付すると言う事が大切なのである。

普段裏で傲慢な態度ばかりしている人間がいざ、表の世界でいい人を演じた所で周りの人たちはひそかに失笑している物である。

普段人の悪口ばかり言っている人間は人から怖がられて距離を置かれてしまうのがせきの山である。

だからこそ寄付をする必要性があるのである。陰徳を積むと言う言葉があるが。誰も見ていない所でよい行いをすれば、表の生活でも必ず良い報いを受けられるものなのである。

寄付をすることは私は本当におすすめしたい事である。きっかけは自分のためでも良いと思うのだ。その金額で救われる人がいるのであればきっとあなたも今までの人生アルファ幸せが寄ってくるに近いのである。

              奢るのは良くない事??

少しお金を持つと後輩や部下に持っているお金を奢る人間がいるがそのような生活習慣は今後一切断ち切る事をおすすします。

人に奢って良いことは無いのである。奢ると言う言葉通り、あまりにその様な事を繰り返してしまうと奢り高ぶった感情が染みついてしまい必ず人を見下してしまう態度をとってしまうのだ。

部下に奢る前に一度部下に聞いてみると良い。部下は早く帰りたいと言うにきまっている。

部下や後輩に奢っても感謝される事なんてほとんどないのが現実で、正直そんな事はお金を無駄に使っているのと同じ事なのである。

天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず、福沢諭吉が言っている事は的を射ている。

戦国時代ならいざ知らず21世紀に生きる部下に奢る事は何にも良い果報を与えないのである。

多くの人間に感謝して最大限周りの人間に協力を求めるためには、奢るよりも寄付する事が大切なのである。

人生はすさまじく長い私もあなたもこれからの生活を幸せに導いていこうではないか?

「ロックフェラーセンター」の画像検索結果

    ロックフェラーセンター


ジョン・D・ロックフェラー

 ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(1839年7月8日-1937年5月23日)は、アメリカのビジネス大物であり慈善家。彼は史上最も裕福なアメリカ人であると広く考えられており、現代史で最も裕福な人である。   

One Comment on “ジョンDロックフェラーと運について

  1. 再び素晴らしいです!

    ちなみに私が尊敬してやまないのは、鍵山秀三郎さんです。

    それと、私にはおごりグセがあります。古い人間なのか、女性や年下にお金を出させにくいのです…汗💦

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。