もしかしたら、私たちはお金と呼ばれる物に縛られすぎるかもしれません。しかし、それは仕方がありません。今は縄文時代ではありません。お金が物を言う時代。資本主義の世界だからです。

みなさんは両親にお金の扱い方について怒られた事があるだろうか?

小さい頃、私は両親から何度も怒られました。

小学生の頃おじさんの披露宴で歌う機会があったので、ステージで長渕剛の乾杯を歌いました。おひねりがとてつもない勢いでステージに飛んで来たのを鮮明に覚えております。

私は最初はなにが始まったのかわかりませんでしたが、気づいたらお金を拾っておりました。無意識とは怖い事ですね。

しかし 私にはどうしてもお金が欲しい理由がありました。ファミコン全盛期時代の私は、お年玉を集めたり、両親からお金を引き出す方法を常に考えていた事を覚えております。

その中でもドラゴンボールのファミコンソフトが喉から手が出るほど欲しかった事を覚えております。

歌い終わり自分のテーブルに戻ると、おいしそうな料理がたんまり配膳されておりました。そんな事はどうでも良いくらい千円札が何枚あるかを見るために1つずつ数えてしまいました。その瞬間父に非常に怒られた事を覚えております。

「千円札」の画像検索結果



それが昭和の親の感覚だと思います。平成の親はどう言うのかわかりませんが、現代、親になったばかりの人々はそんな怒る人はいないのではないでしょうか?


しかし私は子供でありながらなんで必死にお金を拾ってしまったんだろうと今でも思う事はあります。



それがもしお菓子だったら、蒲鉾だったら? アンパンだったら?そこまで必死に拾っていたでしょうか?そこまで拾ってはいなかったでしょう。


しかし私自身が千円札を拾う事によってファミコンソフトが買えると言う事は理解していたと言う事です。ある意味お金の価値を理解していたのかもしれません。


当時、バブル経済の真っただ中でした。今の時代とはくらべものにならない程自分の欲望に正直な人がたくさんいました。お金がすべてと言うくらい。お金を湯水の様に使う人がたくさんいた時代でした。大人も子供もその時代の波に呑まれていたのだと思います。



その頃の人々はお金の価値を見失っていたのでしょうか?時代だからしょうがないのかもしれません。



小さい頃、私はバブル経済について全く理解してませんでした。不動産と日経平均株価がこの後数年間で暴落することを、他の誰が予想してたでしょうか?


お金に踊られた人がたくさんいました。


バブル経済についてはまた違う項で話していきたいと思います。



それはお金に狂わされた時代でした。アベノミクス以上に・・・


有名な認知科学者で苫米地英人さんがいます。


彼の本にこんな一節があります。


10,000円札を破くことができますか? 。 普通の人間であれば10000円でなにができるだろう。何が買えるだろうと考えてしまうと破く事はなかなかできません。


当時の私は少し破れかぶれだったので、なんだか挑戦されたかの様な気持ちになってしまいました。破らずに10,000円札を燃やしたことを覚えています(笑)。

一瞬にして燃えてしまいました。

そんな事をするのは大正時代の成金だけだなんて思ってもいました。


しかし、燃え尽きていくお札をみながらある事に気づきました。

自分自身がいかにお金と言うものに縛られていたと言う事です。


お金自体は単なる紙切れです。あくまで表面的にはと言う意味ではあります。



そんな事に初めて気づいた気がしました。その事を理解していない人がたくさんいます。

お金を燃やして気づいた事がもう一つありました。私のお金は燃えてしまいましたが、私が一万円を得るために働いた仕事の価値はなくならないのではないかと言う事です。

私の中には経験値が貯えられ、お金と同等の価値が蓄積されたのではと思ったのです。


自分が価値を引き付ける人間になれば良いのではないかとそう思ったのです。そうすれば形としての一万円は消えたが自分の価値を高めれば無尽蔵にお金が引き付けられるのではないだろうかと言う事でした。

苫米地博士はぱっと見少し怪しい雰囲気を醸し出しておられます。(笑)

苦手な人もいるかもしれません。

しかしです・・・

それだけで彼の本を読まないのはとてももったいない事です。是非どんな本でも構わないので一読する事をお勧めいたします。


「苫米地英人 」の画像検索結果
苫米地英人

1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算幾科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事。

マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。同認知科学研究所、同人工知能研究所を経て、コンピュータ科学の分野で世界最高峰と呼ばれるカーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人として初の計算言語学の博士号を取得。
帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。

現在は米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」を日本向けにアレンジ。日本における総責任者として普及に努めている。
著書多数。



人気ブログランキングへ

One Comment on “す苫米地英人とお金と1万円札の価値

  1. 破らずに10,000円札を燃やしたことを覚えています…
    凄いです。そんなことをできるのは、o.o1%(1万人に1人)?、いえ、0.001 以下?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。