私は小さい頃、田舎に行くとおばあさんよりもひいお婆さんに可愛がられた事を思い出す。体の大きい人でまるで女王の様な風格がある方であった。

椎の実を裏山まで取りにいったり。夜になるといろんな昔ばなしを聞かせてもらった事を思い出す。

一つ思いでに残っているのは彼女がいると多くの人間がお正月になると田舎に集まってくると言う事である。子供は8人くらいいたようである。

私のおじいさんを含めた8人である。

いくら子だくさんでもお正月になって子供が集まらない所は集まらないものである。それは私が身をもってわかっている。今の実家に兄弟二人とは言え、私と弟が同席する事があまりないのだから・・・・

そこにはやはり人徳があるのだろうと今でも思うのである。

私が高校生の時に彼女は亡くなってしまった。その時は不思議と涙が出てこなかったが、自分の中の悲しみとしっかり向き合っておけばよかったと今では思う。家族とは偶然だけれども作り上げる物なのである。後悔した時にはもう遅かったりする。

人は人に引き付けられて多くの人が集まる。人徳を高めなければ運も高まらないのだろう。私も日々努力していきたいものだ。

「お婆さん 大家族」の画像検索結果

人気ブログランキングへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。